健常者にも使えるテク|糖尿病 のための食事|サービスを駆使して健康に
夫婦

糖尿病 のための食事|サービスを駆使して健康に

健常者にも使えるテク

男性

健常者にも人気のレシピ本

近年、糖尿病の食事療法のレシピ本が人気になっています。もちろん、その多くが糖尿病の家族に限られたカロリーで美味しい食事を摂ってもらいたいという思いからです。ただ、レシピ本を購入する人のなかには別の目的を持っている人(特に女性)がいます。その目的とはダイエットです。限られたカロリー量でしかも美味しく、さらには栄養バランスも整っているレシピとなっています。しかも、その中には腹持ちのする食事方法やその工夫なども載せられているため、まさにダイエットをしている人には最適のレシピ本です。これは言いかえると健常者でも安心して食べられるメニューになっていることにもなります。糖尿病患者だけ別のメニューではなく、家族みんなで食べられるメニューなのです。

食べる順序を考える

その腹持ちする工夫には食事を食べる順序も関係しています。まず最初に食べるのが野菜や海藻類など、食物繊維が多く含まれている食材です。その次に肉や大豆製品などのタンパク質、最後にご飯や麺・パンなどの炭水化物です。食物繊維は消化されないため、その後に入ってきたタンパク質や炭水化物の消化を緩やかにしてくれます。消化されたものが順次吸収されるため、血糖値が緩やかに上昇するわけです。空腹を感じるのはその血糖値が下がったときに起きるため、血糖値が少し高い状態を維持できれば食欲が出にくくなります。糖尿病の食事療法でよく取り入れられている手法ですが、実は健常者にもメリットのある食べ方なので応用することが可能です。